会長あいさつ
 
    会 長
小原 圭子
日頃より連盟活動にご理解、ご尽力いただきありがとうございます。
また、熊本地方の地震災害で被災された方々は大変な毎日をお過ごしのことと思いますが我々の同僚たちの活躍は目覚ましいものがあります。
超高齢化・多死社会を迎えた時代、地域社会の保健福祉を担う看護職が一丸となって「予防し、治し、支える」看護を実践するには看護の代表からしっかりと現場の声を届けていただき明るく住みやすい超高齢化社会を創っていこうではありませんか。
本年度の鹿児島県看護連盟の重点目標は、
 1.会員は第24回参議院議員通常選挙に必ず投票する
 2.看護政策実現力をもつ
 3.強力な集票力をもつ
 4.多くの人材提供力をもつ
  となっています。
施設・支部・ブロック・県連盟・本部連盟との連携を強化して働く看護職の看護問題について解決できるように積極的な発言や説明をしていきましょう。
 
                                       平成28年6月
    ▲このページのトップへ
  
 
 Copyright (C) Kagoshimaken kango-renmei 鹿児島県看護連盟 All Rights Reserved.